薬剤師 在宅医療

昨今注目されている在宅医療における薬剤師(在宅医療薬剤師または在宅薬剤師)とは?在宅医療における薬剤師の役割や仕事内容、必要な知識・スキルなどについて。在宅医療薬剤師の求人探す方法とは?おすすめの転職サイトランキングと各社の口コミも掲載。

在宅医療薬剤師の求人も見つかりやすい転職サイトは?

↓↓↓↓↓

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

在宅医療薬剤師の求人探し!

在宅医療における薬剤師(在宅薬剤師)とは?

在宅医療を受ける高齢者は日常的に使用する薬の数が多く、その分管理も複雑になってきます。

 

医師・看護師・薬剤師やケアマネージャーが共に協力・連携しあう治療やケアを、一般的には「在宅医療」と呼びます。

 

在宅医療での薬剤師の役割としては、患者さんが使用する薬の種類や用量をチェックし、使用時の間違いや危険回避を行う為の管理となります。

 

しかし、薬剤師の在宅医療チームへの積極的な参加はまだ一般的とはいえず、近年ようやく「チーム医療」の考えが見直しを図り薬剤師の参加が一般的になったきました。

 

在宅医療では医師・看護師・薬剤師・ケアマネージャーと各自が専門分野の能力をもとにチームとなって連携し、より効率的かつ高度な在宅医療サービスを提供します。

 

先述のように、薬剤師は在宅で治療を受ける患者さんの服薬管理を行います。

 

一般の方では、医療や薬の知識を持っていないのが当然であり、薬剤師のこうした働きは非常に助かる存在です。

 

例えば、以前に別の病院にかかった際にもらった薬と現在服用中の薬が混ざってしまうなんて事も多々あります。

 

患者さん自身も後ろめたい気持ちがあるのか、以前もらった薬の事を秘密にすることがあるので注意になってきます。

 

秘密にしたとしても、薬剤師からすれば薬の飲み合わせには適切な配慮が必要であり、同時に服用すると効果が半減したり、もしくは効きすぎて体に害となる可能性もあるのできちんと申告してもらいたいと思っています。

 

患者さんが所持している薬の情報を収集し、飲み合わせによる危険を防ぎ、適切に管理を行うのが「在宅薬剤師」の大きな役割です。

 

最近では「在宅医療の薬剤師」に転職希望の方が増加しています。

 

転職サイトのアンケートにも顕著に表れており、その中でも在宅医療求人も多く取り扱っている「リクナビ薬剤師」は登録者1位になっているので、在宅医療の薬剤師に興味がある方は積極的に転職サイトを活用しましょう。

 

在宅医療薬剤師(在宅薬剤師)の求人探しは、薬剤師転職サイトがおすすめ!

転職先も多くの選択肢から選びたい場合、複数の転職支援サービスまたは転職支援会社へ登録を行い、応募可能な求人の数を増やしておきましょう。

 

複数の転職サイトへ登録するメリットとしては、

 

  • 応募可能な求人数をたくさん見つけることで、仕事の選択肢が広がる
  • 各転職サイトのサービス内容を比較検討することで、詳細を絞り込める
  • 各社のキャリアアドバイザーに転職相談が可能なので、自身を客観的に判断できる。

 

などが挙げられれます。

 

転職サイトへの登録は無料で、必要がなくなれば退会もカンタンなので、登録だけでも気軽に行ってはいかがでしょうか?

 

当サイトでは、在宅医療薬剤師の求人が見つかる転職サイトを5つ紹介します。

 

在宅医療薬剤師の求人はまだまだ多いとは言えないので、少なくとも3社は登録して、多方面から情報を集めることをおすすめします。

薬剤師転職ドットコム

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料金 一切無用です!0円
評価 評価5

薬剤師転職ドットコムは、東証一部上場企業のメディウェルが運営している薬剤師転職サイトです。

 

求人の多様さ・コンサルタントのサポートの質・採用率の高さ・顧客満足度の高さは業界トップクラスで、当サイトとしても一番のおすすめになります。まずは無料登録をおすすめします。

 

全国津々浦々の医療機関ネットワークを持つのも大手企業ならではです。

 

 

ですから、大都市だけではなく、地方の方でもご利用いただけます。

 

薬剤師専門の転職サイトはいくつかありますが、その中でも薬剤師転職ドットコムは実際にサービスを利用した方の満足度が95.8%であり、これは業界でもとても高い数字となっています。

 

なぜこれほど満足度が高いかというと、各職場を徹底的にリサーチしており、それを実際のマッチングに活かしているからです。

 

単に希望条件が合うかどうかだけをみて転職先を紹介をオファーするような安易なやり方は行っていません。

 

担当のコンサルタントが、多数の求人の中から、まず希望の条件をクリアする求人を抽出し、その中から実際の職場に足を運び、職場内の人間関係の友好度合いや職場の特色など転職希望者が気になる細かい状況まで厳しくチェックを行います。

 

リサーチの結果、合わない可能性があるようなら、あえて「転職を勧めない」という判断をすることもあるくらいです。

 

つまり、無理に転職を勧めることもなく、本当におすすめできる求人だけを厳選して紹介するので、安心して転職支援を任せられるサービスだと実感できるでしょう。

 

運営会社のメディウェル社は、東証一部に上場している大手の薬局の会社という事もあり、紹介できる求人数は業界1位です。

 

薬剤師だけではなく、医師の転職支援のサービスも行っているので、薬局だけでなく病院などの医療機関にも広大な情報網を持っています。

 

このような背景があるので、薬剤師が働く現場の最新情報を集めることが出来ますし、希望条件に近い転職先が見つかりやすいのです。

 

求人紹介以外にも、職務経歴書や履歴書や志望動機野の書き方、面接対策などのサポートも万全です。

 

極めつけは、面接時の同行も行っていますから、面接に自信のない方でも安心です。

 

もちろん本人からは聞きにくい給料や勤務条件の交渉などもコンサルタントが代行して行ってくれます。

 

こういったサポートのあるので、薬剤師転職ドットコムの内定率は92%以上の高水準を誇っています。

 

つまり、希望にマッチした職場に高確率で転職できる、ということです。

 

薬剤師転職ドットコムの口コミ

自社の利益だけでなく、本当に誠心誠意転職をサポートしてくれるエージェントです

 

漠然と今の職場に不満を感じており、転職を考えていた時にこちらの薬剤師転職ドットコムに登録しました。

 

とにかく今の職場よりもあらゆる面で条件のいいところ、というざっくりした条件だけコンサルタントの方に伝えたところ、数日後に希望に沿う求人はありません、という回答をもらいました。

 

正直びっくりしました。

 

転職エージェントというと、何が何でも無理やり転職させて利益につなげようとする、というイメージがあったため、逆に本当にしっかりと調査してくれているんだと信頼が持てました。

 

結局、今の職場が非常に恵まれているんだということが再認識できたため今回の転職は先送りにしましたが、次回また転職を考えた時には、薬剤師転職ドットコムにお願いしようと思っています。

医療業界に強く病院現場の生の声を聞くことができる

 

調剤薬局薬剤師として5年ほど勤務していたのですが、病院薬剤師として働きたいという希望があり転職を決意しました。

 

そこで、医療業界では名の知られているメディウェルが運営しているこちらの薬剤師転職ドットコムにエージェント登録しました。

 

さすがメディウェルが運営しているだけあり、病院関連の求人の多さもさることながら、何より現場の生の声を聞くことができるところが大きなポイントでした。

 

特に給与や勤務時間よりもスキルアップができるという点を重視しており、こういった点は求人情報からは読み取ることが難しいため、現場の情報は非常に参考になりました。

 

おかげで、病院薬剤師としてキャリアを再スタートさせることができました。

キャリアコンサルタントが何から何まで丁寧にサポート

薬剤師として大手薬局で勤務していましたが、出産を機に退職しました。

 

子育てもいち段落したので再び働き始めようと転職活動を始めたのですが、初めての転職の上、就職活動をしたのももうはるか昔のことで、履歴書の書き方から面接まで、不安がいっぱいでした。

 

しかし、薬剤師転職ドットコムでは、コンサルタントの方が転職に有利な履歴書の書き方や面接対策まで丁寧にサポートしてくださいました。

 

さらに面接にも同行してくださり、大変心強かったです。

 

さらに私に代わって条件交渉までしてくれたので、本当に何から何までお任せ状態でした。

 

業界に関する知識も豊富で、非常に信頼のできるコンサルタントでした。

 

念のため第五希望まで設定しておいたのですが、おかげさまで第一希望の職場に転職することができました。

ファルマスタッフ

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料金 一切無用です!0円
評価 評価4.5

ファルマスタッフに在籍している80名以上のコンサルタントは、薬剤師業界の動向に精通しているので、業界の裏側なども質問すると答えてくれるかもしれません。

 

現在、ファルマスタッフを利用している4人に1人は雇用形態を「派遣」で希望している人が多く、ニーズに合わせて派遣求人も豊富に取り揃えているのも他社サービスとの違いです。

 

その他にもファルマスタッフ独自の福利厚生にも力を入れています。

 

教育体制では、調剤テキストの無料配布に始まり各種セミナーの開催、e-ラーニングなどの受講などを行っており、就業しながら着実にキャリアアップを目指せると評判です。

 

有給休暇取得率は68.8%と高い数字なので、どうしても休みを取りたい日なども申請が通りやすい傾向にあるようです。

 

ファルマスタッフでは、高収入求人として特集を組み常時2万件以上求人を掲載しています。

 

薬剤師なら高収入を目指したいのは当然ですが、正社員として働くのかもしくは派遣で働くのか決めかねている方は、ファルマスタッフのコンサルタントに相談してみると「正社員」「派遣社員」二つのメリット・デメリットが聞けるのでオススメです。

 

求人情報以外にも各エリアの営業所が更新しているブログでは、転職について耳ヨリな情報の他にも特定のテーマごとの求人、転職に関する秘策や薬剤師に関連した最新情報などを書いているので見逃せません。

 

厚生労働省の「職業紹介優良事業者」にも即時に認定され、東証一部上場である日本調剤株式会社の関連グループ会社が運営しているとなれば、安心して転職活動に励めますね。

ファルマスタッフの口コミ

フォルマスタッフを選んだのは、転職支援サービス業界で大手であったのと、評判も良く信頼できそうというのが理由です。

 

求人情報量も大手ということで豊富で、紹介された求人は驚くほど好条件でした。

 

さらに非公開求人も多かったのが印象的です。

 

初めに紹介して頂いた薬局へ転職が決まり、前職場と給与面は変わらなくとも勤務時間や休日などの待遇面が良く、働きやすくて気に入っています。

薬キャリ

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料金 一切無用です!0円
評価 評価4.5

「薬キャリ」は医療業界を専門として、薬剤師の転職先を多角的にサポートします。

 

薬キャリは親会社であるエムスリーとエス・エム・エスが統合されて作られたエムスリーキャリアからなる人材紹介・求人広告サービスです。

 

薬剤師の転職業界の断トツ1位の実績を誇るサービスとして人気があり、その理由としては以下が挙げられます。

 

求人数の豊富さ

大規模企業が運営する人材紹介サービスとして注目したいのは、保有している求人数の多さです。

 

自分ではなかなか見つけられれないような優良求人を紹介される可能性が高いのも魅力です。

 

医療業界に特化した転職支援サービスで、実績・サポート力が高いのも見逃せません。

 

医療業界の転職が初めてであったり、転職活動に不安がある方でも多くの求人としっかりとしたサポートを受けることで、不安に打ち勝てるでしょう。

 

ベストマッチする求人を紹介

入職後の雇用ミスマッチを避ける為にも、求人情報を紹介する際に職場情報をしっかり提供するのが、薬キャリコンサルタントの役目です。

 

キャリアサービス目標として「医師・薬剤師と全国の医療現場のベストマッチを実現すること」を掲げているだけに、コンサルタントは職場情報を得る為に事業所へ直接訪問を行い、正確な情報を仕入れます。

 

こういった陰ながらの努力の賜物として、薬キャリでは入職後の雇用ミスマッチがなく、希望の転職先へ出会えます。

地方の求人情報にも強い

薬キャリでは、国内各エリアの求人情報を網羅しています。

 

地方では自分の希望に近い求人を見つけるのも一苦労ですが、薬キャリでは希望求人を見つけやすいのが特徴です。

 

イメージとして「地方は医療機関が少ないので、遠方に行かないと見つからないのかもしれない」と思っていたあなたも、薬キャリのサービスを利用すれば、そのような思いもムダだった事に気がつくでしょう。

 

エムスリーキャリアだからこそできた医療業界専門の転職サービス、全国どこでも幅広いネットワークを活用できるのが魅力です。

薬キャリの口コミ

コンサルタントとの面談の際、担当コンサルタントは薬剤師業界に精通している印象を受けました。

 

何よりも求人数が豊富で、希望条件に一致した求人を紹介しながらも的確なアドバイスをくれ、「ここなら大丈夫」と安心して転職活動に取り組めました。

 

条件にマッチする求人なんて面談当日に見つかると思わず、本当に驚きました。

 

面接日程も調整してくれた為、在職中だったにも関わらずスムーズに転職活動が出来ました。

 

円満退社で前職場に迷惑もかけず、より条件の良い薬局へ転職が成功し嬉しかったです。

 

リクナビ薬剤師

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料金 一切無用です!0円
評価 評価4

就職・転職を希望するなら誰でも知っている大企業・リクルートグループですが、転職支援としてリクルートエージェントやリクナビを始めとし、アルバイト・パートでおなじみのタウンワークやとらばーゆなどを運営しています。

 

リクルートグループを通じた転職支援者数は年間で100万人以上と言われ、薬剤師の転職支援「リクナビ薬剤師」はその他薬剤師転職支援サイトよりも、評判の良さが際立っています。

 

薬剤師転職支援業界の中でも求人数は上位に入るほど豊富で、大規模・小規模問わず薬局やドラッグストア、病院やクリニック、そして製薬会社など幅広い職種の求人を保有しています。

 

薬剤師と言えども好みは様々なので、希望する職種を見つけられるように豊富な案件を取り扱っているとは驚きです。

 

薬剤師さん側も、雇用先も満足できる求人を徹底的に探す!

本当の意味での転職成功!とは、転職を行う薬剤師と雇用主が互いに条件等について納得した上で満足出来ることです。

 

あなたの希望全てが通る求人というのは難しいかもしれないですが、薬剤師専門キャリアアドバイザーが希望条件を丁寧にヒアリングを実施しするので、あなたの中に眠っている能力を発揮できるような転職先を見つけてくれます。

 

勤務先の情報を徹底的に事前調査

雇用先で働く際に気になる事項として「職場の雰囲気」「スキルアップの可否」「人間関係や働く人の年代」などがあります。

 

このような懸念事項も、キャリアアドバイザーがあらかじめ調査しているので、働き始めてからの職場環境、待遇面での認識相違を防ぎ、満足して働くことが可能です。

 

安心して転職して頂くためのサポート内容が充実

現在の職場で働きながらの転職活動は、様々な要因から転職活動に充てる時間が少ないと言われています。

 

その為、予定通りに物事が進むことが多くあり、本来の希望条件を妥協して何とか早く転職活動を終わらせたいと思いがちになります。

 

妥協して転職してもまた後悔するのが目に見えているなら、もっと積極的にリクナビ薬剤師の薬剤師専門のキャリアアドバイザーを活用してみませんか?非公開求人は全体の約75%も取り扱うリクナビ薬剤師ですから、リクルート限定求人も多くあります。

 

妥協せずに満足出来る職場を見つける為にも、薬剤師転職業界のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーのサポートを徹底的に活用しましょう!

リクナビ薬剤師の口コミ

これまで長く勤めてきた職場で安定して稼いでいたのもあり、転職することに非常に躊躇しました。

 

これだ!と思う仕事もなく、将来を見据えても安定していたので勿体なく感じたのです。

 

しかし、両親の介護問題が生じて兄弟と話し合い、兄弟で協力して面倒を見ることが決まりました。

 

それなら時間に融通が効いて働きやすい仕事が良いだろうと思い、リクナビ薬剤師に登録しました。

 

登録して数ヶ月たったある日、希望条件にマッチした求人を見つけることができました。

 

時間の融通がきくので年収は前職より落ちましたが、都合にあわせやすい仕事が見つかりとても満足です。

マイナビ薬剤師

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料金 一切無用です!0円
評価 評価4

数ある薬剤師転職サイトの中から、サイト満足度第一位を獲得したマイナビ薬剤師は、現在転職ガイドブックを進呈中です。

 

条件として外せない高収入以外にも、休日は絶対土日希望、残業はあっても少なめ、職場が近所などあなたの希望に沿って、多数の求人案件からピックアップして紹介します。

 

もちろん求人情報は毎日更新されるから常に最新状態を保っています。

 

国内最大級とも言われるマイナビ薬剤師ですが、転職業界での豊富な実績を活かしマイナビグループ独自の幅広いネットワークによって、多くの求人を保有出来るのです。

 

マイナビ薬剤師がすごいのはこれだけではなく、利用者のおよそ94%の人が満足した転職コンサルティングは、サイトに登録後最も利用したいサービスとして一位の人気です。

 

まさに、薬剤師の転職なら外せない王道の転職サイトです。

 

コンサルタントは求人情報以外にも、紹介先の病院・薬局の経営状態の他に社内の雰囲気をしっかり確認しています。

 

やり取りをするのは人事担当者だけに限らず、実際に現場で働いている薬剤師の方とも広く交流することで、様々な情報をタイムリーに仕入れているのです。

 

薬剤師にとって、自身が活躍出来る場所が多いと安心ですよね。

 

マイナビ薬剤師は調剤薬局以外にも、病院やクリニック、OTCの他に製薬関連会社や治験関連企業なども広範囲の求人情報を紹介可能なので、まだ登録していない方はぜひこの機会に登録しておくべきでしょう。

マイナビ薬剤師の口コミ

私の場合は、薬剤師の資格を病院や調剤薬局で活かすよりも企業で活かしたいと考えていました。

 

しかし、ドラッグストアなどの薬剤師求人はいつでも募集があり見つけやすかったのですが、私が希望する求人案件は見つけることが難しかった為、最終的に考えを変更して調剤薬局へ勤めることにしました。

 

現在勤めている職場は想像以上に働きやすいのが特徴で、待遇面もバッチリなので調剤薬局にして良かったです。

 

「マイナビ薬剤師」を利用することで、様々な求人情報を比較検討でき、最終的に好条件の仕事を見つけることが出来ました。

 

希望する条件に固執せずに時には柔軟に仕事を探すことが、転職を成功させる秘訣だと私は思います。

在宅医療における薬剤師の役割

現在の日本のままでいくと、近い将来75歳以上の高齢者が増える「高齢化社会」になると予想されています。

 

75歳以上の高齢者になると、老化現象はもちろん各疾患を原因として身体機能が低下し、必然的に自身で医療機関へ通うことが難しくなります。

 

高齢者向けの居宅施設以外にも自宅などで療養生活を送る方が、この先さらに増えると言われているのです。

 

ニュースなどでは自宅での高齢者の孤独死などが頻繁に流れています。

 

高齢者の方の中には、金銭的な余裕が無いために不調があっても自宅で耐えるというパターンが多く見られ、他にも身体的な機能低下により思うように動けない為、体調不良時に医療機関へ向かうすべがない方もいらっしゃいます。

 

このような点から、最近では、「在宅医療」という考え方とその必要性が注目されています。

 

現代の日本では、亡くなる方の9割は病院で亡くなると言われています。

 

この9割の方の中には、自宅で最期を迎えたいと願っても、看取る家族への負担や緊急時の不安から入院をした方も多くいます。

 

在宅医療が活性化することは、自宅での療養生活を希望する高齢者が増えることが予想できます。

 

高齢者以外にも、末期ガン及び難病を患っている患者さんの価値観を尊重し、気を使わずに済む自宅での療養生活を選ぶ方も多くいます。

 

このような時代のニーズとして在宅医療に焦点が当てられているわけです。

 

平成18年6月に医療制度改革法が成立してからは、国が医療・介護にかかる費用が高額になるのを防ぐ為の改革を行いました。

 

医療費を抑えるために、まずは「入院期間を短縮する」施策が取られました。

 

その他の具体的な施策には「介護療養型医療施設」が廃止決定になり、医療療養病床も、「治療の必要性が高い人だけ限定して入院させる」ことで削減対象になりました。

 

しかし、施策によって溢れた患者さんを迎え入れる体制が整っておらず、行き場がなく困っている人が多くいます。

 

在宅医療も新たな受け入れ先として対象になっていますが、療養型の病床にいる方の家族の状況、本人の病状を考えても在宅で必要とされる医療・介護支援を受けるのは難しいと言われる状況です。

 

そういった状況を無視して患者さんを自宅へ帰してしまえば、患者さんや家族へ大きな負担を押し付けることになります。

 

場合によっては、彼らの命の危機を招きかねません。

 

このような背景から、在宅医療の早期発展が望まれています。

 

在宅医療の大前提として「チーム医療」が原則であり、チームには薬剤師の力も必要です。

 

在宅医療の薬剤師として働きたい場合は、お住まいの地域で在宅医療へ取り組んでいる薬局に転職すると良いでしょう。

 

情報を集める為にはエリアごとの薬剤師専門の転職サービスを行っているサイトを利用して医療事情を集め、紹介へ繋げることが効率的です。

 

あなたが在宅医療へ参加することへ興味があり、在宅医療サービスの提供を行う薬局を転職先として希望すれば、求人を紹介してもらえます。

 

薬剤師は在宅医療におけるチーム医療の一員です。

 

認知機能の低下した人やそのご家族に服薬の必要性や薬の説明する際には薬剤師が専門的知識を活かして説明することで理解を深め、安心感を提供することができます。

 

また、飲み込みにくさのある人が安全に服薬できるように薬の形状を検討する中でも専門的知識が必要です。

 

さらに、看護師や介護スタッフとの連携により薬の副作用や相互作用をより早く把握し、適切に対処することも可能になるなど在宅医療において薬剤師は重要な役割を果たしています。

 

在宅医療における薬剤師の仕事内容

医薬品の調剤とお届け

薬剤師の仕事は医師が書いた処方箋を基に、患者さんの病状に適した調剤を行います。

 

調剤された薬は、患者さん宅や高齢者・介護施設等の依頼主へ届けます。

 

服薬指導と医薬品の管理

患者さん宅に届けた薬を患者さんが間違わずに安全に服用出来るように、服薬方法について適切なアドバイスを行ったり、薬の効果や副作用が出た場合などについてしっかり説明を行います。

 

説明以外にも残っている薬の確認や整理を行い、きちんと服薬しているかをチェックするのも薬剤師の仕事の1つになっています。

 

患者からの相談に対応

薬剤師として、患者さんやその家族からの薬について質問があった場合は答え、アドバイスなどを提案します。

 

医師やケアマネジャーとの連携

担当医師やケアマネージャーと連携して、患者さんの情報を共有します。

 

また担当医には患者さんに適した薬の処方を提案し、患者さん担当のケアマネージャーに対しても、薬剤の取り扱いなどに関してアドバイスを行います。

 

これらが在宅医療に関わる薬剤師の基本となる仕事内容です。

 

患者さんに薬を届けて終わりではなく、「指導や管理・アドバイスなど多岐に渡って仕事がある」という事が理解できたでしょう。

 

在宅医療薬剤師の業務の流れ

在宅医療での薬剤師の仕事内容と流れとしては、

 

医師の往診・処方設計に協力する

患者さんとの信頼関係を構築するために、訪問薬剤管理指導は医師の指示のもと初めての訪問の際は、薬剤師も同行をして患者さんと顔合わせをしておく必要があります。

 

薬を砕いて飲んでも良いか・否かについて情報提供を始め、薬の飲みやすさだけでなく、副作用なども考えながら処方・薬を一包化を提案します。

 

処方依頼

薬剤師は処方箋を受付するだけでなく、指導計画書の作成にも携わります。

 

これは調剤内服薬のみならず、注射剤及び点滴類など無菌調整を行う場合や、抗がん剤・麻薬などの調整を行うこともまれにあります。

 

施設・自宅訪問

調剤後の薬を配達しながら服薬指導や保管方法・残薬管理及び確認を行います。

 

また、服薬方法を考えたり副作用が出ていないのチェックもかかせません。

 

併用して飲んでいる薬はないか、食べ合わせやサプリメントとの相互作用がないか、オムツなどの介護用品や医療材料などに関しての相談にも乗り、在宅医療に携わる薬剤師の仕事は幅広いのが特徴です。

 

報告:報告書を作成し、医師などに情報をフィードバック

行った服薬指導やその他アドバイスなどを報告書にまとめ、医師への情報フィードバックと共に次回行うべき改善点を話し合います。

 

在宅医療薬剤師に必要な知識・スキル

上記の内容の中で、在宅医療の分野で薬剤師が今後活躍していくために次の2点を磨くと良いでしょう。

 

.コミュニケーション能力

在宅医療として重要なポイントの1つに「連携」があります。

 

例として医師とケアマネージャー、それぞれがケアプランをたてた場合や多忙の為コミュニケーションが思うように取れない場合、薬剤師は双方の橋渡し役として動くことも求められます。

 

薬剤師が間に入ることで、患者さん家族や医療従事者などの関わる人間全てが円滑で情報の共有漏れを防ぎます。

 

.総合的な知識・スキル

医師による処方設計の協力に不可欠なのは、薬剤師側の専門知識や患者さんのバイタルサインも診れるということです。

 

処方する薬の説明から保管時の注意点、残っている薬の確認、服用方法の考慮、副作用の有無など指導内容は多岐に渡っているのが現状です。

 

相互作用の判断方法の1つとして、サプリメントに関する知識も必要になっています。

 

さらに、注射剤や点滴の無菌調整技術の他に医療材料、オムツを含む介護用品について相談・アドバイスも行います。