薬剤師 在宅医療

昨今注目されている在宅医療における薬剤師(在宅医療薬剤師または在宅薬剤師)とは?在宅医療における薬剤師の役割や仕事内容、必要な知識・スキルなどについて。在宅医療薬剤師の求人探す方法とは?おすすめの転職サイトランキングと各社の口コミも掲載。

在宅医療薬剤師の求人も見つかりやすい転職サイトは?

↓↓↓↓↓

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

薬剤師 在宅医療記事一覧

保険調剤薬局は近年増加傾向にありますが、それとは反対に少子高齢化により待っているだけでは生き残れないという転換期を迎えています。そして現在高齢化に伴い地域医療は在宅医療への取り組みを重要としています。それは医療機関だけでなく薬局にも当てはまります。薬剤師は医師に同行、あるいは単独で高齢者施設や患者様の自宅を訪問し、薬を届け服薬指導や相談に応じます。薬剤師が専門性を持ち積極的に取り組んでいくことは、...

高齢化社会となり在宅医療に対しても薬剤師が必要とされています。薬局などでの内勤だけではなく医師と外へ出ていく薬剤師も最近ではあります。業務内容も幅広くなっています。医師の判断により患者の家、または施設に薬を届けたり、残量のチェック、飲み方の指導などをおこなったりします。費用は保険点数に準じています。施設と自宅、介護保険を受けているか受けていないかによってもかわります。利用前にきちんと話し合いをおこ...

高齢化が進む現代、病院に通う事が難しく在宅医療を望む高齢者が増えています。その必要性に応えた薬局も増えており、訪問指導や薬のお届けを行っているところもあります。医薬分業で医師の処方のもと薬剤師が患者さんのお宅へ伺い薬の服薬指導を行い、健康状態や残薬の管理を行います。特に単身世帯の高齢者は自己管理も難しく事故や怪我をしていても気づかれない事があるので、定期的に薬剤師が様子を伺う事で把握できるメリット...

在宅医療の現場において薬剤師の主な役割として「薬の適正な供給と使用」を促すことです。患者さんの中には、以前にかかりつけの病院以外でもらった薬と現在服用している薬を内緒にして一緒に飲んでいる、というケースも在宅医療の現状として多く見られます。何故内緒にしてしまうのかというと、大部分は「後ろめたさ」があります。かかりつけの医師からすると、別に他の病院にかかったからと言って「私の診察に不満があるのか?」...

在宅医療において薬剤師が参加してから、およそ20年近くになります。昔に比べると、在宅医療への周囲の理解も深まり、認知されることが増えました。さらに、在宅医療に付随した医療サービスが生まれてきましたが、問題点が山積みなのが現状です。在宅医療での薬剤師の課題として、「薬剤師による在宅訪問業務の医療・福祉関係者への周知不足や理解不足」があります。現代社会は高齢化社会と言われており、在宅医療の増加に伴い福...